SERVICE & PRODUCT

緊急一斉同報

災害や緊急時に、メール一斉同報システムを導入されている企業が増えていますが、次のような問題も出始めてきています。

  • 緊急連絡メールが届いているのか、未達なのかが判らない!
  • 社員からアドレス変更の届けが出ない!
  • 料金が高すぎる!

エクスウェルでは、この様な問題が解決でき、携帯電話番号だけで緊急一斉連絡ができる東日本大災害でも通信の安定性が際立っていた、SMS(ショートメール)を使った緊急一斉連絡システムをご提供させていただきます。通常の社内連絡でもご利用可能な、リーズナブルな価格で提供させていただきます。

管理画面の電話帳に携帯電話番号を登録しておくだけで、簡単な操作で緊急一斉連絡が可能となります。また、メールでは不可能な受信者への到達確認もできます。

関連リンク:SMS送信の仕組みicon-windows

携帯電話でのインターネットやEmailは、いわゆるパケットネットワーク上での通信なのに対し、電話やSMS(ショートメール)は、回線交換ネットワーク上での通信です。回線交換ネットワークの仕組みを細分化しますと、音声を通す音声回線とそれを制御する信号線(シグナリングチャネル)から構成されています。これは携帯電話と無線基地局の間の無線区間における仕組みでも同様で、音声を運ぶトラフィックチャネルと制御する信号線(シグナリングチャネル)から構成されています。SMSは、回線交換ネットワーク上で提供されるサービスではありますが、実際にデータ量の多い音声を流すことはなく、軽いテキストメッセージだけを信号線(シグナリングチャネル)で運ぶことによりサービスが実現されています。大規模な災害発生地域では連絡が集中することにより、パケットネットワークや回線交換ネットワークにおいてデータ量が極大化するので通信規制がかかり、電話による連絡がとりにくくなります。その点SMSは、シグナリングチャネルを使用しているので音声を運ぶトラフィックチャネルを使用する際のデータ量の10%以下でデータ送信が完了するので、災害に極めて強いと言われています。

▲TOPへ戻る