ストレス四方山話

ストレス対策にマインドフルネス(瞑想)のすすめ

ストレスチェックが義務化となり、体制も整備されてきた中、担当者や企業がいくら頑張っても従業員のセルフケアの努力をしてくれないと集団の結果は良くなりません。仕事が減る訳でも、人が増える訳でも、設備投資がなされる訳でもありません。日々のニュースを見たところで、AIやら諸外国の景気を見ると気分はどんよりしてきます。楽しかった連休もあっという間に終わり、明日からは会議、翌週には大事な商談が、家では子どもの受検が…などを考え出すとますます気分は滅入ってきます。

「今、あなたの頭と心はリラックスできていますか?」 「今、あなたはこの時間を丁寧に味わっていますか?」 「今、過去や未来ではなく「現在」を感じていますか?」

近年、国内の企業では、マインドフルネス(瞑想)を取り入れている企業やビジネスパーソンが増えてきています。アメリカのシリコンバレーから取り入れられ、Google、IBM、Facebook等のIT企業を中心に広まったトレーニングです。あのスティーブ・ジョブズも瞑想の修業をしていたといいます。

Googleで開発されたマインドフルネスのトレーニングである「Search Inside Yourself:SIY」の研修を2日間受け、その後4週間トレーニングを実践した研修受講前後の比較では、「仕事中精神的に疲弊しがちである」の回答は、58%→24%に減少、「集中がそれたときに気付いて、また注意を今に取り戻すことができる」は、43%→80%へ増加、「ネガティブな感情や困難な状況に対して、早く回復することができる」は。41%→80%に増加したことが報告されています。  

マインドフルネスで期待できる効果として、下記の効果が期待できるといわれています。

1. 集中力の向上:1つのことに意識を向け続けることができるようになる

2. 感情調整力の向上:ストレス等の刺激に対して感情的な反応をしなくなる

3. 自己認識の変化:自己のとらわれの減少、自己コントロールの向上

4. 免疫機能の改善:ウイルス感染などに対する耐性、風邪を引きづらい

注意散漫、無気力、イライラは脳の疲労のサインです。その根本的な原因は意識が常に未来や過去にばかり向かい、「今ここ」にない状態が慢性化していることにあります。疲労を感じている皆さま、「今ここ」に注意を向けるマインドフルネスの実践をやってみませんか?

mindfulness

心のダイエット!?

  1. 産業医がいない・・・どんな産業医がいいの?
    doctor186
    2018年8月29日

    ストレスチェックの制度が施行されて以降、慌てて産業医を探された企業の担当者も多いのではないでし…
    >>続きを読む

  2. レジリエンスって何? 逆境を乗り越える力!
    resilience186
    2018年7月25日

     これは人の「精神的な回復力」や「再起力」を意味する用語で、今年度のストレスチェックを終えられ…
    >>続きを読む

  3. もし、高ストレス者が出たらどうしたら良いの? ( 面接指導の…
    mensetsu186
    2018年7月17日

    ストレスチェックに取り組んでいる企業の担当者の方であれば、答えは簡単でしょう?

    「…
    >>続きを読む

  4. ストレスチェックの実施最適時期を考える
    besttime_sq
    2018年5月17日

    ゴールデンウィークも終わり、じきに梅雨入りかと思うと気分も沈みがちです。

    今年は昨…
    >>続きを読む

  5. ストレス対策にマインドフルネス(瞑想)のすすめ
    mindfulness_sq
    2018年5月7日

    ストレスチェックが義務化となり、体制も整備されてきた中、担当者や企業がいくら頑張っても従業員の…
    >>続きを読む

▲TOPへ戻る